Search
Close this search box.

ブルターニュの歴史

ブルターニュの歴史は、古代から現代に至るまで豊かで複雑なものです。この地域は、ケルト人の影響を受け、紀元前6世紀にはブルターニュとして知られるようになりました。中世には、ブルターニュ公国が形成され、フランスとの間で度々権力闘争が行われました。15世紀には、フランスに併合されるまでイングランドとの戦いが続きました。その後、ブルターニュはフランスの一部として統合されましたが、その文化や言語は長い間保たれ続けました。 19世紀には、ブルターニュでブルトン語復興運動が起こりました。第一次世界大戦後、ブルトン語の使用は衰退しましたが、その文化的アイデンティティは強く残りました。第二次世界大戦中、ブルターニュはドイツ軍の占領下にありましたが、レジスタンス運動が盛んでした。戦後、ブルターニュはフランスの地方行政区分の一部として再編されましたが、その独自の文化と伝統は今も続いています。 現代のブルターニュは、観光地として知られ、その美しい風景や歴史的な遺産が多くの人々を魅了しています。農業や漁業も盛んであり、海産物やブルターニュの特産品は地域経済に重要な役割を果たしています。また、ブルターニュは芸術や音楽、文学の分野でも活発であり、多くの芸術家や文化人がこの地で活動しています。